任意売却で不動産に売りに出す|ローンの返済お茶の子さいさい

女性

困難な返済も安心

ローンの残額を少しでも多く減らすには

不動産

念願のマイホームを手に入れたものの、何らかの事情で不動産ローンの返済が困難になってしまうことがあります。勤め先が倒産した、身体を悪くして働けなくなったなど理由はさまざまですが、いずれにせよそうした場合はローンの残債をどうするかを考えなくてはなりません。 というのもローンを滞納したまま放置しておくと住宅が競売にかけられ、強制的に処分されてしまうからです。しかもその処分価格は市価を大幅に下回るのが常なので、家は失う、債務は減らないという大変厳しい状況におかれてしまいます。 そうならないためには、マイホームを手放すのはやむを得ないとしても少しでも高く売却する工夫が必要になります。 そんなときに有効な選択肢となるのが、任意売却です。

専門サービスによるスムーズな売却

任意売却とは債務者たる住宅所有者と債権者たる金融機関・保証会社等が話し合いのうえ任意で住宅を売却することをいいます。通常の不動産売買と同様の方法で買い手を探すので、市価に近い価格で売却することができるというメリットがあります。 任意売却を選択した場合、通常は住宅所有者が売却を仲介する不動産業者を探すことになりますが、現在では任意売却物件を専門に扱う不動産業者が営業活動をしており、こうした需要に応えています。専門業者であれば豊富なノウハウの蓄積により、売却スケジュールの設定、適正価格の見積もり、プライバシーの保護などに長けています。また、業者によっては債権者との交渉に関してアドバイスを提供してくれるところもあります。

競売とは違う

不動産

任意売却を実際に行なう際は、競売との違いをきちんと把握することが大切です。大手の金融機関では、不動産との繋がりが強くあるため、任意売却を積極的にすすめているといわれています。

詳しくはこちら

借り入れをする

不動産

住宅ローンを利用する人は金融機関で借り入れを行ないます。最長で35年ローンを組むことができ、無理の無い範囲で返済をすることができます。また、金利が待遇されることもあるのでタイミングを見図ると適切です。

詳しくはこちら

任意売却をする

不動産

住宅ローンの返済が厳しくなり滞納を続けると催促状が届きますが、無視をするのではなく金融機関に相談して任意売却を検討する必要があります。任意売却は所有者の意見を売却に反映させることができます。

詳しくはこちら